« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »

2008年4月

2008年4月30日 (水)

期末論文

いよいよ残すところ、授業もあと一週間となりました。授業が終わると試験期間が始まるのですが、私は論文攻めで、20枚の論文2本、12枚の論文1本、15枚の論文1本がどどどーんと今週と来週の閉め切りでやってきます。というわけで、毎日毎日図書館暮らしで帰宅は平均夜中3時です。はい、異常な生活です。

しかしこの異常な生活も2年もすれば当たり前になるもので、いざこの生活から脱出するとなると不思議な心境です。井戸の中の蛙ならぬ、コロンビア村の中の私が果たしてうまく世間に飛び出して行けるのかなぁ。。

気付いたら肌に美容液も使わなくなり、日課だった全身オイルマッサージもマニキュアもほぼ無縁の生活だったこの2年間。あー早く女の人生を楽しみたいっ♪

よーし、論文がんばろっと。(あ、もう朝5時だ!やっぱりおやすみなさいZzzz)

| コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月17日 (木)

NYの青年実業家の作り方

韓国人の友人Eくん(30歳)はご両親がそれぞれ会社を経営し、世界にブランチを持つ企業家のご子息。お母様のNYの会社を任され、NYでもかなり成功した青年実業家と思われる友人。タイムズスクエアに2バス&2ベッドルームのマンションを自分で購入しているくらいですから。。。しかも最上階にはWホテルのオーナーが住んでいるらしいです。(かなりの成功ですよね?)

さて、実は今日は教育の話。どうやったらこんな成功するビジネスマンが育つのか非常に気になり、どうやってビジネスを学んだのか聞いてみました。すると、なんとE君は4歳からお金の教育を受けたとのこと。そして小学4年生になると、なんと当時300ドル/月のお小遣いをもらっていたそう。しかしここでおもしろいのは、全てを自分で賄うことが条件だというのです。教科書も、給食費も、洋服も、おやつも何もかも、全部自分で買うのがルール。お金をどうやって使うべきか、4年生の頃から実践学習だったのですね。しかしE君、ある時にお金を使い込んでしまい、授業料が払えなかったことがあるそうです。そこで先生からお母様に電話が。するとお母様は先生に事情を話し、「この子は授業を受ける資格がありません。お金が払えないのなら授業を受けさせないで下さい。」と対応したというのです。仕方ないので先生が授業料を立て替え、翌月に彼は先生に借金返済をしたそうです。
ちなみにその彼の現在の夢は、2000人もの授業員を抱える彼のおうちのビジネスを一生安泰にさせることだそう。授業員が金銭的に満足し、仕事を楽しむ環境を作り出してあげることが自分のミッションだと。立派です。

しかしこの彼の教育、すごいと思いませんか?彼自身は、自分の人生はずっと''お金をどう扱うか''に振り回されていて、気が狂いそうだと嘆いていますが、いいか悪いかは別として、世界にはこんな教育をしている人たちがいるなんて、実に驚きです。

| コメント (2) | トラックバック (0)

2008年4月 8日 (火)

国際交流クッキング2

先日の「国際交流クッキング」日記でMoffle 作りに失敗しましたが、実は最近リベンジができました!

1:ちゃんと日本のおもちを調達!
Img_0747

2:ふふふ。お餅をワッフルマシンに乗せて。。
Img_0748

3:できた!!!!!
Img_0749

おまけ:これがルームメイトのサラちゃん。
Img_0755

感想ですが、Moffleはかなりおいしいです。外はややサクサク、中はもちもち。はまりそうです♪

| コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月 5日 (土)

ストレスマネージメント

この大学院生活で何が一番大変かって、ストレスとのつきあいではないかと思います。睡眠不足、栄養不足、プレッシャーなどなど、ストレスの種は事欠きません。そこで私はジムでひたすら走り続け発散するわけです。大学院のプログラムの一つに体育の授業を入れた方がいいのではないかと、本気で思うくらい私たちの生活は不健康極まりないです。(体育の授業があれば、確実に成績Aとれるのになー)

しかしどんなにストレスマネージメントをしていても、やはり知らず知らずのうちに疲れは溜まるしストレスも感じているのでしょう。昨日はついに危険信号を感じました。文字を読んでも頭に入らない、思考力ダウン、そして過食気味。そこで昨日は早めに帰宅し、そのままベッドへ。。。。。 なんと、13時間大爆睡しました。しかも起きた瞬間、9時をさす時計も読めず、3時だと解釈。時計も読めないほど頭がおかしくなってる自分に驚きました、笑。

そしてつい先ほど、コロンビアで栄養教育学を勉強している友人Aちゃんとお茶して”ストレスマネージメント”について語りあってきました。やはり私たちの生活はちょっと危険だとの結論に。彼女は食、健康のエキスパートなので、色々教えてもらってきましたが、いかに私たちの生活で食事、睡眠、ストレスとの付き合いが大事かを再確認。この道において日本よりずっと先を行くアメリカで学んだ知識を惜しげも無く教えてくれる彼女のブログ、関心のある方はぜひご覧ください!
http://ebis.nutritio.net/columbia/

ワークホリックになりがちな私たち。もちろん目標があってのことで、ここを通過しなければいけない道なのかもしれませんが、本当に大切な健康や精神的なバランスを失わないよう、マネージメントしていかなければいけませんよね。

| コメント (9) | トラックバック (0)

« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »