« 新学期始まる。 | トップページ | ウーマンパワー。 »

2008年2月 2日 (土)

部屋から閉め出される。

現在、学校のハウジングにシェアをしながら住んでいます。”ルームメイト”の響きに憧れて、自らルームシェアを選んでみたのですが・・・現実は非常に大変です、苦笑。高校生の頃から実家を離れ、誰にも干渉されない生活を10年以上続けてきた私には正直辛いことも。掃除当番が決まっているのに掃除しない人とか、食器をなかなか洗わない人とか・・・。数ヶ月前にやっと自分の小型冷蔵庫を入手したのですが、それまでは食品一つ一つに名前を書かなければならなく、おもしろくもありストレスフルでもある経験でした。

さて本題です。実は昨日、自分の部屋を出てシャワールームに行きました。忘れ物をしてすぐに部屋に戻ったところ・・・鍵が閉まってるんです!!!閉めた覚えは一切無い!!どうやら鍵の調子がおかしく、自動ロックになった模様。リビングルームで朝まで過ごして管理人さんを待つか、それともエマージェンシーコールするべきか・・・。申し訳ないな・・・と悩んだ挙句、電話しました。すると、鍵のトラブルで駆けつけてもらう場合、35ドルチャージされるとのこと。私、何も悪くない!!!!と思いつつもルールに従うしかなく、35ドルを払ってマスターキーを持ってきてもらいました。

こういうトラブルが多いんです、このマンション!例えば、玄関のドアは自動ロックになっているはずなのにいつの頃からか鍵が壊れ、実はロックされていなかったことが先月になって判明。泥棒さんウェルカムなおうちになっていたんですね。さすがにみんな青ざめました。

他にも、数ヶ月前にはエレベーターに閉じ込められました。閉塞感と孤独で死にそうな思いをした後やっと開けてもらったのですが、管理人さんには「こんなのよくあることだよ。また止まったら出してあげるから♪」なんて交わされる始末。

アメリカという国は日本の常識では考えられないことがよく起こります。気付いたら不快感でイライラしている自分がいて、私自身に余裕が無いのかな・・・とイライラする自分に反省したりもするのですが、やっぱり納得いかないことも多いですね、サービスの分野に関しては特に。しかしこうして日本の良さがどんどん見えてくるのも勉強の一つなのかもしれません。


« 新学期始まる。 | トップページ | ウーマンパワー。 »

コメント

アメリカは確かに不便なことが多いですね、
実は私も米国在住なのですが、いらいらすることが多いです。バスや飛行機が遅れたり、地下鉄がよく止まったり、勝手に道路工事で渋滞してたり。
なので、不都合について腹を立てて疲れるより、寛容になるようになってしまいますね。そして、冷静に解決策を考える。
日本に帰ったらとてもやさしい人に、当たり前のことに感動する人になれそうな気がしました。

投稿: あべりょ | 2008年2月 3日 (日) 20時18分

あべりょさん、器が大きいですね!すばらしい。
これは神様がくれた”冷静に解決策を考える”修行だと信じ、このサバイバルを切り抜けるようがんばります。

投稿: 桑原りさ | 2008年2月 3日 (日) 20時48分

Final Semesterに入ってもあいかわらず四苦八苦してますな(^_^)

日本のマナーの良さって、最近ダメになってきたといってもやっぱり素晴らしい。
いちいち細かいルールがなくても暗黙の前提(常識)で成り立っている分だけ、社会全体の運営コストって安いんだろうね。

あーそれでもN.Y.行きたいなぁーー

投稿: しがまさひこ | 2008年2月 4日 (月) 01時54分

しがっち!
そうだよそうだよーー日本はいい国だ♪
NYおいでよーーーー。くみがいるこの数ヶ月の間に是非おいでよーー。たのしいよー。

投稿: 桑原りさ | 2008年2月 4日 (月) 02時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/108906/10213620

この記事へのトラックバック一覧です: 部屋から閉め出される。:

« 新学期始まる。 | トップページ | ウーマンパワー。 »