« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »

2007年11月

2007年11月24日 (土)

サンクスギビング。

11月22日はサンクスギビング。NYの街は有名デパート、メイシーズのバルーンパレードで盛り上がり、夜はパーティで盛り上がります。昨年は確か宿題に追われてそれどころじゃなかった私も、今年はパーティにお呼ばれして初のサンクスギビングディナーを堪能しました。

まず一つ目。Broadcastingのクラスでお友達のウィル(アメリカ人)とその彼女のナターシャ(フランス人)のホームパーティ。サンクスギビングディナーの定番である、ターキー&クランベリーソースにパンプキンパイなどをウィルとナターシャが担当。そしてゲストはチーズやお酒をいっぱい持ち寄り、(ちなみに私はJapanese Wineの梅酒。)食も言語もインターナショナルな会に。そして会話も、私が日本人であることを知ると「タケシ・キタノ!バトルロワイヤル!クロサワ!ミフネ!」と出てくる出てくる。ハーバード大学のジョセフ・ナイ教授が、文化など政治経済以外のソフトパワーが国際関係を良好・活発にする、という国際理論を唱えていますが、まさにそのものの会でした。NYらしい、もしくはうちの学校らしい、とってもインターナショナルな会で大満足。

さて続いては2つ目のパーティ。学校の同級生で頼りになるお兄さん的存在タケさんご夫婦が開いて下さったホームパーティ。超きれいな奥様がいつも最高のおもてなしをしてくれるタケさん宅パーティでは、20人くらいのお客さんのうち7割が日本人。こちらでもターキー、パンプキンスープなどなど、おいしーいお料理をたっぷり頂きました。

こうしたホームパーティが多いのがアメリカならでは。自分のお友達や恋人を連れて参加し、そこでまた色んな人たちに出会う。自分の信頼する友達が呼ぶ友達だから、これまた自分の価値観に合う人が多かったり、どこかで友達がつながっていて驚いたり・・・と本当におもしろいのです。人との出会いこそが人生の醍醐味だなぁ・・・なんて感じながら、今日も気持ちよい時間を過ごしてきました。

| コメント (2) | トラックバック (0)

2007年11月20日 (火)

学ぶことのありがたみ。

中間試験期間が終わり、期末試験までの約一ヶ月。今が一番遊べる時期であるはず、そして遊んでおかなければいけない時期のはず。それなのに、なぜか課題は尽きることがない。実は私のスケジュール、毎週土日月火と4連休のはずだが、なぜか学校に行かない日は無い。おかしいなぁ・・・。華やかなニューヨーカーライフのはずが、完全にコロンビア村ライフです。

つい先日も24時間オープンの図書館で朝5時半まで過ごした。一緒に勉強していた友人と『私の大学院生活、こんな予定じゃなかったのになぁ・・』と心の声をため息に変えつつ、パソコンと向き合っていた。

すると突然気になるニュースが。それは、発展途上国の小学6年生の女の子が貧乏を苦に自殺をしたというもの。金額にしてわずか数百円くらいの学費を父親が半額しか用意できなかった。翌日残りの半額を調達してきた時には時既に遅し、少女は自殺をしていたという。その子の枕元には、(詳細は忘れたが)勉強をしたい、自転車が欲しい・・・などの願いが書かれたメモが残されていたという。

改めて、勉強できるありがたみを感じる瞬間だった。奇しくも、一緒に勉強していた私の友人は、発展途上国の開発問題に携わろうと国際機関を目指して勉強している女性。留学仲間は「世界を良くしたい、世の中を変えたい」という純粋な気持ちに本気で突き動かされて来た人たちがほとんどだ。しかし自分で望んだ留学の道を手にいれたものの、あまりに過酷な大学院生活に時々価値を忘れそうになることもある。先日はその小学6年生の子の自殺のニュースにハッとさせられた。

今一度学ぶことのありがたみを噛み締め、そして今夜も徹夜でペーパーに取り組みます・・・。

| コメント (2) | トラックバック (0)

« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »